勉強会

禅に学ぶ人の育て方

松山 大耕 氏

臨済宗妙心寺退蔵院 副住職

4月17日(水)9:00 – 11:00

禅はインドで生まれ、中国に伝わり、日本に紹介されて1000年が経ちます。
伝統仏教の一派ですが、禅はいまや日本のみならず、世界で人々を魅了しています。ビジネスパーソン、政治家、アスリート。宗教という枠を超え、数多くのリーダー達に支持されています。
なぜ、禅が現代に必要とされているのか、どこに魅力があるのか。
まずは、禅とは何か、わかりやすく解説します。
そして、特に人の育て方にフォーカスし、長きにわたって教えをつないできた秘訣をご紹介します。

終了しました

日付 4月17日(水)9:00 – 11:00
カテゴリ 勉強会
講座名 禅に学ぶ人の育て方
会場 三井住友銀行 東館 ライジング・スクエア4F SMBCカンファレンスコリドー
住所 〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-3-2
アクセス 地下鉄「大手町駅」C14出口直結( アクセス
備考 <当日お持ち頂くもの>
・お名刺
※初めてご参加になる会員様は、受付にてお名刺を1枚頂戴いたします。
※当日は、会員の皆様の交流をはかるため、名刺交換のお時間を設けております。
 お手数ですが名刺を多めにご用意いただけますようお願いいたします。

当日のご連絡/お問い合わせ先:070-1563-9989(担当/桑原)

講師

松山 大耕 氏

臨済宗妙心寺退蔵院 副住職

1978年京都市生まれ。2003年東京大学大学院農学生命科学研究科修了。埼玉県新座市・平林寺にて3年半の修行生活を送った後、2007年より退蔵院副住職。外国人に禅体験を紹介するツアーを企画するなど、新しい試みに取り組む。外国人記者クラブや各国大使館で講演を多数行うなど、日本文化の発信・交流が高く評価され、2009年5月、観光庁Visit Japan大使に任命される。また、2011年より京都市「京都観光おもてなし大使」。2016年『日経ビジネス』誌の「次代を創る100人」に選出される。2011年には、日本の禅宗を代表してヴァチカンで前ローマ教皇に謁見、2014年には日本の若手宗教家を代表してダライ・ラマ14世と会談し、世界のさまざまな宗教家・リーダーと交流。2014年世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席するなど、世界各国で宗教の垣根を超えて活動中。著書に『大事なことから忘れなさい~迷える心に効く三十の禅の教え~』(世界文化社、2014年)『こころを映す 京都、禅の庭めぐり』(PHP、2016年)がある。

イベント一覧へ戻る