【オンライン配信】日本型雇用を巡る確執と労働政策の迷走~新型コロナウイルス後に目指すべき方向性~

勉強会

【オンライン配信】日本型雇用を巡る確執と労働政策の迷走~新型コロナウイルス後に目指すべき方向性~

山田 久氏

株式会社日本総合研究所 副理事長

11月13日(金)9:00-11:00

コロナ禍の発生で労働市場や雇用の在り方はどう変わるのか――政府が進めてきた働き方改革の影響や、
足許で関心の高まる「ジョブ型」雇用の導入を含め、今後のわが国人材マネジメントの方向性を考える。

日付 11月13日(金)9:00-11:00
カテゴリ 勉強会
講座名 【オンライン配信】日本型雇用を巡る確執と労働政策の迷走~新型コロナウイルス後に目指すべき方向性~
会場 オンライン配信(ご来場の必要はございません)
アクセス ご自宅またはオフィスよりご視聴ください。
備考 Web配信となります。

当日のご連絡/お問い合わせ先:070-7772-1671(担当/倉上)

講師

山田 久氏

株式会社日本総合研究所 副理事長

1963年大阪府生まれ、87年 京都大学経済学部卒業、同年  住友銀行入行、90年 同行経済調査部、91年 (社)日本経済研究センター出向、93年 (株)日本総合研究所出向 調査部研究員、98年 同主任研究員、03年 経済研究センター所長、法政大学大学院修士課程(経済学)修了、05年 マクロ経済研究センター所長、07年 (株)日本総合研究所調査部主席研究員 ビジネス戦略研究センター所長、11年 (株)日本総合研究所調査部長、13年 法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科客員教授(兼務)
【主要著書】
『市場主義3.0「市場vs国家」を超えれば日本は再生する』(東洋経済新報社、2012年)、『デフレ反転の成長戦略―「値下げ・賃下げの罠」からどう脱却するか』(東洋経済新報社、2010年)、『雇用再生―戦後最悪の危機からどう脱出するか』(日本経済新聞出版社、2009年)、『ワーク・フェア―雇用劣化・階層社会からの脱却』(東洋経済新報社、2007年)、『賃金デフレ』(ちくま新書、2003年)、『大失業―雇用崩壊の衝撃』(日本経済新聞社、1999年)
【公職】
内閣府「実践キャリア・アップ戦略専門タスク・フォース」委員(2010年8月~ )

イベント一覧へ戻る